c-nuts
Home anthem (shop)


動物の観察記録

日本各地で偶然目撃した動物たちの記録です。

〜雪原編(2006年)〜



窓をあけると、そこは雪国であった。

そうだ・・・!またあの3匹に会いに行こう!
私はあの動物たちが、きっとまたあの場所にいるという確信があった。



銀色の林道を進んでいくと、まず出くわしたのは、寒がり南国の動物である。



我々が近づいても、どこか遠くの1点を見つめて立っている。
ただ、たたずんでいる。
動かない・・・。
凍っちゃった?生きているのか?

表情を確認するために、カメラのレンズをズームにし
ファインダーを覗いてみると・・・



早速彼の足跡を追う。



・・・!
雪に埋まって身動きが取れなくなっていた!
なんて鈍くさいんだ。



オットぅ〜!こっちにも埋まっている動物がいる。
・・・と思いきや



見かけによらず、軽やかにウサギのようにピョンピョン飛び跳ねて
雪の中を器用に、楽しげに進んでいく。



そして、いつものように
「どうよ」
と言わんばかりの得意げな表情である。



寒がりな動物は、猫の子分なのか?
必死について行こうとするが、思うように進めず。



この世のいろいろな事、彼女はきっとどうでもいいのかもしれない。
またひとりでどこかに消えていった。



さて、これは一体何なのだ?どこがどうなっているのだ?

さらに続く 次へ


動物の観察記録 index



Copyright©Chinami.K All Rights Reserved