c-nuts
Home anthem (shop)


動物の観察記録

日本各地で偶然目撃した動物たちの記録です。

〜ビーバー編〜



ひたすら棒きれを運ぶ動物を発見。
もうこれは、どう見たって、どう考えたって、ビーバーでしょ〜!




棒をくわえたまま、器用に泳ぐ。


棒を探して・・・適当なものを見つけると

お、これはいいぞ! ちょっと長いけど、ま、いいか。

よいしょ、よいしょ ちゃんと1ヶ所にまとめる



棒を探して・・・適当なものを見つけると

以下繰り返し。

いつまでも飽きずに運ぶ。結構働きものである。
アゴの力も強いのか、棒を落とすことなく目的の場所に運ぶ。

この一連の作業を観察していて、ふと思いついた。
棒きれの代わりに、新聞やテレビのリモコン、さらに冷蔵庫からビールを運んでもらうということも可能なのではないか。
新聞を見せて、「これは棒である」と言えば、所詮動物だ。単純に運ぶに違いない。
我ながらいい考えである。

早速このビーバーを自宅に持ち帰り、「ちょっとそこの棒(リモコン)持ってきてちょーだい」と言ってみた。
彼は、「???わからない」、というような表情を一瞬浮かべたが、すぐに意味を理解したようだ。
おしりをふりながら、どこかに走り出した。
利口である!

・・・しかし、持ってきたのはボールである。
勘違いや間違いは誰にでもある。だから怒ったりしない。ふっ、私って大人だな。
さあ、もう一度。
新聞を指さして「棒(新聞)を持ってきていただけませんか。(丁寧にお願いしてみた)」
彼はシッポをふって、また走り出した。

・・・が、彼がくわえてきたのは、やっぱりボールだった・・・・!
目があえばボール、声をかければボール。
イスやソファーから立ち上がる時、うっかり「さてと・・・」とつぶやこうものなら、それはもうボールを意味する(らしい)。
・・・ボール、
ボールボール!!!

結局、彼の言いなりにボールを毎日投げているのは私じゃないか・・・。

所詮動物などとあなどってはいけない。
彼らは人間が思っているよりずっと、かしこいのである。


動物の観察記録 index



Copyright©Chinami.K All Rights Reserved